(´・ω・`)状態が悪いときに助けてくれるのは状態の悪い人なんです






1章のモーツァルト・マリーペアがぶっちぎりでよかったですね。きのこ以外が書いてるとは思えねぇ。


■特異点F
冬木の聖杯戦争Mk-2。ここは一昨年の末ぐらいに放送されたアニメで見てたんでSEYANAとか思いながら読んでました。人の家に上がり込んだらおうちょっと見てけやって言われて正座して見たんですよね。

視聴前の俺が持ってた情報と言えば、changの「マシュはスティーブ・ロジャースと融合する…!」とかいうやつしかなかったんですよ。流石にそれはうせやろオメーとか思いながら見たら想像よりもかなりキャプテン・アメリカと融合してて変な声出ました。そういうわけでマシュと融合した謎のサーヴァントはキャプテン・アメリカだと思います。

オルガマリーはマジで何のいいこともなく死んでしまいましたね。事件簿でもろくな目にあってないし、もう死んじゃった以上救われることもない。特に悪いこともしてないのにな…と思ったけどケイネスあたりも別に悪いことしてねぇか…もう宿命なんだろうな魔術師が悲惨な目に逢うの。


■第1章
フランスの話です。俺の持っていた事前情報はリンク先のブリーチパロだけ。

BLEACH風の絵柄で「邪竜百年戦争オルレアン」

既に書きましたがモーツァルトパートとマリーパートが良かったですね。サンソンのキレかたもブリーチみがあって良かった(?)
ただいかんせん掛け合いだけで話が進むんで、良くも悪くも淡白になりがちですよね。モーツァルトパートとかは割合そうでもないのでそこは技量なのかなぁとも思うんですけど。


■第2章
ローマの話でした。正直エウリュアレ付近がマジで何しに出て来たのかミリも分からなかったのでもうちょっと何とかして欲しい。なんとなくキャラを出しておかないとガチャを回してもらえなくて困るとかそういうアレなんだろうけど…。

ネロがぼーっとしてた理由は特に説明なかったですけど、母親暗殺後だし薬切れって理解でいいんすかね。これは別作品で説明したから知ってるやろオメーみたいなのは好きです。



■謎解き
さて。せっかくだしオチを予想しようと思います。

2章の最後でソロモンの部下みたいなやつ出て来たじゃないですか。ということはラスボスはソロモンですね!
んで召喚されたサーヴァントは3人なんだけど、登場しているのはキャプテン・アメリカとダ・ヴィンチの2人だけってことはつまりもう1人どっかに隠れてるはずで、そいつがソロモンです。

多分ロマニじゃねーかなー。「本物のロマニがマシュと同じく死にかかってソロモンと融合」or「ソロモンが召喚された瞬間にロマニを殺害して背のり」のどっちか。
それがダ・ヴィンチにバレてないのは、「ダ・ヴィンチも仲間」or「ソロモンはとても強いので格下にはバレない」だな。ブリーチの「霊圧が強いと卍解は効かない」とかいう超理論は確かFateでも通用したような気がする。

ロマニがわざわざ特異点を潰して回ってるのは、聖杯戦争システムを流用して人理焼却を図っているから。「外と連絡が取れねぇ」って言ってるの、ロマニだけだもんね。主人公チームは確かめてない。(気がする)。もともとチベットの山奥みたいなとこにある施設だし、分からんわなありゃ。

多分、特異点ごとに各クラスのサーヴァントが配置されてて、そいつらを全部倒すことによって魔力が聖杯に集まりうんたらかんたらで人理を焼却出来るんだよ。わざわざ現地の聖杯回収してカルデアに持ち帰ってるし。

レフが言ってた「神殿」つーのは、カルデアに重なっている虚数空間かなんかに存在するソロモンの本拠地かなぁ。レフがわざわざカルデアを吹っ飛ばしたのは、それによって発生するエネルギーを使って神殿への道を開くため。
でもレフ、ロマニ=ソロモンって知らなさそうだよね。部下に真っ二つにされてたし。あまりにもあっさり死んで笑っちまった。



空いた時間にぼちぼち読んでいこうと思います。俺こうやって色々考えてる時が一番楽しいし、読んで損はなかったね。