(´・ω・`)コンピュータ様が絶対正しい



知らぬ間にApple IDで2段階認証が要求されるようになってて、ハマったので書いておきます。


■ログアウト→ログインしようとしたら2ファクタ認証を要求される


MacBookを立ち上げたときに、Apple IDの再ログインを要求されました。買ってからこんな事初めてだなーと思ってログインすると、「他のデバイスからログアウトしますか?」と聞かれました。
なんかあってんかなと思ってログアウト。

で、理屈はようわからんですが、どうもこの時にiCloudからログアウトしてたっぽいんですね。
しばしののち、要求される再ログイン。そうか…と思いながらパスワードを打つと、今度は2ファクタ認証を要求されました。



■スマホとの組み合わせによる2ファクタ認証


2ファクタ認証ってのは、いわゆる2段階認証です。パスワードだけではダメで、別の要素を複合的に使う事で、ログインしようとしているユーザーが本人であることを確認しようというわけです。

MacBookからは、パスワードに加えてiPhoneを使った認証を要求されました。iPhone側に6桁の番号が表示されるので、それを入力せよとのこと。



で、上記のブログと全く同じ「正しい数字を入力しているのに認識されない」状況に陥りました。



■解決策:英数モードにする


そんなこんなで3日ほどiCloudから切り離されていたのですが、スタッフのコメントで解決。

どうも「かな」モードだったからアウトだったらしく、「英数」モードに入力を切り替えれば直るよとのこと。ほんとかよと思いつつ、さっき試したら動きました。マジでか…。

スタッフからは「悪いことはティム・クックのせい、良いことはジョブズのおかげ」というありがたい言葉をいただきました。この仕様はクックのせいらしいです。

加えて、めちゃくちゃバカにされたのでみなさんは気をつけて下さい。






スポンサードリンク