2015年09月

■予告
 

■あらすじ
アリスはアンブレラ本隊に襲撃され、気づくとアンブレラ施設内に監禁されていた。施設所在地はロシアの凍土地下!
一人では脱出できないアリスのため、前作で倒したはずのウェスカーが救助チームを差し向ける。レッドクイーンがアンブレラ社を掌握し、人類絶滅を図っているのだ。最早敵と味方に分かれている場合ではない。
人類の総力を結集した最終決戦へ向けて、アリスが立ち上がる。

■目的
・地下施設からの脱出

■ネタバレあらすじ
いやー、毎回アクションが進化してていいですね。今作はカーチェイスまであります。
おまけにエイダ、レオン、バリーらが登場。しかも割と似てる。悔しいビクンビクン。

今作で良かったのは、原作リスペクトがさらに強まっていたとこ。キャラが似てたのはもちろん、ジルが操られてたりね。原作のバイオ5でもジルは操られてますし、レオンはいろんなとこへ雑に送り込まれてますしでそういったとこへのリスペクトがあってよかったです。
チェーンソーゾンビも出てきたしな!こいつはバイオ6に出てるんだっけ。

今回の舞台は主に地下施設です。地下にアンブレラの兵器実験場があるという設定で、東京やモスクワの街並みが再現されています。
なかなか発想がすごいですよね。クローンを大量に作って、ウイルスを散布しシナリオを再現する。

ようわからんのは、レッドクイーンに従っている人間がいるっぽいとこ。エイダにコントロールルームの人間が殺されてましたからね。なんでこいつらは従ってたんだろう。

ウェスカーは相変わらずです。ただちょっと太ったかな。
今作ではどうもボコられてひっくり返ってる間にレッドクイーンに権限を奪われたらしく、ホワイトハウスに陣を構えてアンブレラゾンビ軍と戦う構え。
ラストシーンは相変わらずこの作品らしいはったりがきいてて最高でした。要塞化されたホワイトハウス周辺をゾンビが、BOWが取り囲んでるんだぜ。もう6も見るしかないでしょこんなん。

いやーしかしターミネーターじみて来ましたね。
これどういうオチをつけるんだろう。デビルマンみたいに風呂敷を広げるだけ広げたのに綺麗にオチをつけられるなんてそうそうないですからね。あの漫画はスゲェよ。

何だろう…今作のラストでアリスが超能力を取り戻したので、その力で地球浄化とかやるんかな。∀みたいな。
人類ほぼ絶滅してますからね。これレッドクイーンボコったとしてもどうすんだ。

↑このページのトップヘ