(´・ω・`)





 

■概要

 

■所見
そういうわけで2例目です。公開してないけど同じようなことしてる人はちょいちょいいるみたいですが、公開してるケースとしては2例目。

【インタビュー】DMプロプレイヤーの誕生

これが2015年の10月末ですから、実に3年ぶりですか。
※004プロは現在、契約先をオレタンに変えています。


フェアプロの2人がすごいのは、単に強いだけでなく、動画やテキストの作成スキルがあるところですね。自分の強みを自分で伝える事ができる。
昨今は動画が分野として伸びていますから、実績だけでなくそういう部分も加味し、契約に至ったのでしょう。

DM出身のプロと言えばマトモ選手ですが、彼も配信スキルで食っているわけで。動画系のスキル、今後は必須になっていくのでしょうね。


■DMにおける有料記事
さてフェアプロは動画だけでなく、サイトの開設や有料記事の執筆なども行なっています。



んで有料記事、トータルで600人以上が購入したとのこと。1つ500円とすりゃあ、30万円の売り上げということになります。
すごい。

DMはね、もともとテキストの文化が他ゲーに比べて強いんですよ。だからプレイヤーにも記事を読む習慣がついてるし、ちゃんと金も払うんでしょうね。
だってこんなの、普通に考えりゃMtGで発生しそうなもんじゃないですか。それがDMで先んじて起こるってのはすごい事ですし、2014年あたりにテキスト文化が落ち込んでた時、復興の為に弊社で手を尽くして良かったなーと思います。

他ゲーだと、確かMtGの行弘プロが12000円かなんかで10人限定の有料note出してた気がしますけれど、アレ続かなかったですもんね。好評だったっぽいんですが何ででしょ。今ググっても出てこなかったし。

まあ、この有料noteがきっちり売れるってDM固有の文化じゃね?という気もするので。そういう意味では、新たなプロが登場する下地は整ってたのかもしれないですね。


■カーナベル


カーナベルと言えば、あのMtG出身で今はコロコロオンラインで記事を書いている有名なスーパーライターまつがんさんに記事を依頼していた事で有名です。こういうの、ちゃんと商売に繋がってるんでしょうか。

まあでも、遊戯みたいにチーターが上位に蔓延するゲームになると商売の続行自体が危ぶまれますし、クリーンな選手を支援して上位に送り込む…つーのは大事か。そうだな。

ちなみにまつがんさん、あまりにも有名すぎたため、カーナベルでカードを買っただけで記事を依頼されたという噂を聞いた事がありますけれど本当なんですかね。さすがスーパーライターは格が違う。僕も買い物をしただけで仕事が降ってくる豚になりたいです。玉ねぎの食レポとかやりますよ!



■おまけ

ランドのセンスの良さは異常。




 
スポンサードリンク