(´・ω・`)本当に過去記事読む奴があるか




■概要
ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2017 宮城』での失格処分について

公式から、CL宮城での処分について発表があった。

2日目の本選にて本選進出者のデッキチェックが行われた際に、該当プレイヤーのデッキシールドに規則性のある折れがあることが確認されました。カードが裏面に置かれている場合でも、特定のカードの判別ができる状態になっていました。
最も顕著な箇所としては、4枚採用されていた特定の1種のカードはすべて共通の箇所に折れがあり、4枚採用されていた別の特定のカード1種も、4枚とも別の共通の箇所に折れがあることが確認されています。
これらの折れは消耗により自然にできたものではなく、プレイヤーが故意に付けたものであると、ジャッジが判断しました。これは非紳士的行為の「イカサマ」に該当します。関与したすべてのジャッジが、この判断が正しいものであるとの合意に至っています。

イカサマとか言う単語を使う公式はTCG史上でも珍しいのではないか。
もっと言えば、ポケカ公式がサマ師に対して公式に声明を出すのは史上初である。


■失格処分を受けたのは、もりそば選手のチームメイトであるクロル選手

 


DN:20万剥奪事件

今回、失格処分を受けたのがもりそば選手であるかのような言説が出回っているが、事実とは異なる。処分を受けたのはクロル選手のみで、もりそば選手はこの後もプレイを続けていた。
DNの一件から、このような誤解が広まったのだろう。
(CL宮城、3人チーム戦だったんだよ)

遊戯王とイカサマ

なおクロル選手、5年半前に遊戯でサマ師として摘発されているようだ…。


■サマ師の輸出
IR事件 などに代表されるサマ師の輸出は、定期的に問題として提起されてきた。
輸出つーのは、あるゲームでサスペンドされても、他ゲー行ってまたそこでサマしちゃう…と言うアレである。
いたちごっこなんだな。

この手の人種は緩いゲームへどんどん集まってくる傾向にあるので、今後はDMなんかも危ないのかもしれない。ヤダネー。


スポンサードリンク