(´・ω・`)ついに!!!!!!!!!!!!!!!!



 


■概要



そういうわけで進出なされたんですよ。
 

■K.BLUE選手って?
まさかDMやってて知らねーやつはいねーと思いますが、一応紹介しておきましょう。

あのボルバル旋風が吹き荒れた2004年、関東エリア予選でボルバルブルーを使用。見事準優勝し、ボルバルマスターズへ向かうトリガーとなった人物です。その時歴史が動いたってやつですよ。DMの歴史的転換点ですから…実質源頼朝とかそんぐらいなんじゃないでしょうか。あまり関係ないですが俺は理系なので日本史はさほどやってません。

その後もカーキンに就職したりしなかったりでDMを続け、いわゆる関東古参勢と呼ばれるくくりに入っていた人です。CSの運営なんかもやってらっしゃいましたよね。

途中で公式の人間になってしまわれたのでCSなどに出場することはなくなったものの、近年ではジャッジシャツを着て現場を取り仕切り、ルーリングの中心的な存在になっていました。白シャツを着て現場に立つ彼を見た人も多いでしょう。

その一方でカードゲーマーのライターを務めたり、カバレージライターとしてフィーチャーエリアにいたりと、割となんでも出来るマルチな人なんだなぁという印象です。


そんなK.BLUE選手、きっとそのうち「ボルバルブルーVS赤白速攻!」みたいな動画をあげてくださることでしょう。

もちろんシャドバ配信とかね、今風のゲームもありだとは思うんですけれど、やっぱり超古代のゲームを遊ぶ、伝えるっていうのはK.BLUE選手とかそのクラスの人にしか出来ないと思うんですよ。昔の全国決勝のデッキを再現して考察するとかね。不死鳥の時のささぼー選手の4cチューザ(ギフトって書いてたけど違ったらしい、ごめんね)とか。
昔を検証するってのは案外みんなやってないしどうかなーと思うんですけど駄目すかね。ダメかもしれんね。


■おまけ
DM史:”ボルバルブルー”を携えて(前編)
“ボルバルブルー”を携えて(後編)





 
スポンサードリンク