(´・ω・`)Marko Polo - Speedy Speed Boy




 


■LCS前のルール動静


多分みんなもう忘れてると思うが、直前の裁定周りはえらいバタバタしていた。
主な原因は「ジャバランガ絡みの同時破壊の裁定変更」だ。こいつはイベまで1週間切ったあたりで話題になり、おかげで「公式裁定には則りません」という凄まじいコメントを出す羽目になった。

別にどうだっていいじゃねぇかそんぐらい現場で適当にやっておけばと思うかもしれんが、ことはそう簡単ではない。いわゆる競技シーンが成立するのは日本全国津々浦々どこでも同じルールでやっているからであって、これが「うちは同時破壊の裁定を適用するね」「うちはしないね」なんてやり始めたらそれこそなんのゲームをやっているのか分からない。

この点について、俺は遊戯時代の原根プロの考えに基づいてイベントを行うようにしている。かれこれ6年前、JCSを開いていた頃だ。
古いアカウントが凍結されているせいでもとツイートを貼れないのが残念だが。

引用:
個人的にはあまり納得のいく裁定ではないのですが、公式の見解に背くことは遊戯王そのものからの逸脱に繋がりかねませんので、今回はこれに従事する事とします。

これはKONAMIが訳のわからん裁定を出したときの話で、原根プロはJCS直前まで事務局にその裁定の是非を問うていた。が、結局変わらなかった。そのときのコメントである。
どれだけ納得いかない裁定だとしても、それに従わないのはゲームからの逸脱だ。カジュアルならともかく、競技としてゲームをやろうというときにそりゃおかしいだろう。



■マイナーループ問題
もう1つ、こっちはふぁーが持ち込んできたやつだ。なんか有料記事になっていたので詳細は避けるが、奴の言っていたことを要約すると「事務局から暫定すら出ていないルール上の問題がある」「その問題はループの成立に大きく影響するので早めに確定させて欲しい」というものだった。

結局ループを成立させる方向で回答したのだが、問題はそこからだった。奴の使っていたカードがあまり有名でなく、おまけにクソややこしい動きをするループだった為、対戦相手によるテキスト確認にだいぶ時間を取られたようなのだ。んで、負け。

俺がその話を聞かされたのは予選が終わった後で、かなりショックだった。これはつまり、努力して誰も知らないようなデッキを考えた場合、時間切れで負ける可能性があるということを示している。
俺たちが競技シーンで見たいものの中には「誰も思いつかないようなすごいデッキが活躍するとこ」も含まれているはずなんだが、実際にそれを見るのは難しいって訳だ。
(おまけにこのループはややこしく、当日突然見せられた場合、ジャッジが対応できたかも分からない…本人がどれだけ努力しても、大会システムがそれを阻害するんだ)



■朝令暮改の裁定たち
認定ジャッジシステムが出来てから2年半ほど経つが、率直に言って裁定周りの問題は悪化しているように見える。少なくとも2年半前は、選手のデッキ選択を左右するような裁定変更がイベント直前に出ることはなかったし、ループの成立に影響するような暫定裁定なしのルール問題もなかった(と思う)。

最初は俺の運が悪いだけじゃないかと思った。だが直前の静岡でも「日程の都合上、適用しない裁定」つーものが発表されていることを考えると、そうは言えないだろう。

周囲の言葉を聞いていても、妙なことになっているようだというのは伝わってくる。「超CS時点ではこうだったが〜」「昨日出された新たな裁定では〜」なんて台詞が聞こえてくるのだ。
そんなルールがコロコロ変わってたまるかよ、と思うのだが、話を聞くとコロコロ変わっているらしい。



ここまで書くと、ソフトのPL経験者はきっと察しがつくだろう…これ、完全に炎上プロジェクトの特徴なんだよな。

バグ修正によって生まれる新たなバグ。原因不明の謎挙動。「昨日は動いてたんだけどな…」。システムの全体像を把握できていないPL。影響範囲も考えないまま場当たり的に繰り返される修正。ユーザ向け公開イベントを前に、品質とユーザ体験を脇に置いて「動けば良い」を合言葉に結束する現場。

裁定周りはもう場当たり的に対処するだけではダメだと思う。システム設計わかってる人を入れて、1から組み直すレベルでやらないと無理だろうな。整合性を求めるなら。

ただそれだとコストがかかり過ぎるので、短期的には整合性を捨てざるを得ないだろう。ユーザ体験を損なわない範囲でカード個別にルール付与、でいいでしょしばらくは。遊戯はなんだかんだそれで動いてたし遊べてたしね。
裁定は個別確認でOKでしょう。他のカードとの整合性は脇に置くと。

もちろん長期的には要件決めのあたりからやり直さないと、どっかのタイミングで競技大会が破綻すると思うよ。
今でもイベ直前に重大な裁定変更ぶつけられて死んだりしてるし、まあパッチ当てでもなんとかなる!って思うかもしれんけど、似たようなことを言ってた遊戯はリンク召喚入れ込んだ瞬間に全てが裏目に出て死んだからね。
でもそこはメーカの守備範囲内であって、ユーザでどうこうできる部分ではないから。


流石に良くない結果が出ている以上、手法のどこかが間違ってる可能性が高いので。今のやり方をどれだけ続けても良くはならず、無駄足になってしまう可能性が高い。
そうなる前に一度立ち止まって、「目的」と「それを達成する為の最適な方法」について議論すべきだと思う。

ユーザのためにルールがあるのであって、整合性のためにあるわけではないからね。


■おまけ
システム開発のプロジェクトが炎上する理由
 
スポンサードリンク