(´・ω・`)はぁ



 

http://dm.takaratomy.co.jp/cls-2016/creatorsletter17/

http://dm.akrecord.com/data_participant.php


クリエイターズレターVol.17では、2016年のCS参加者数は2014年のCS参加者数の5倍とされている。
これはCSサポートを受けたイベントが対象で、それ以外のイベントはカウントされていない。
またCSサポートを受けた場合、参加人数の報告義務があるため、正確な値がカウントされている…はずだ。

それに対して、レコードのデータを見る限りでは、2016年のCS参加者数は2014年のCS参加者数の4.6倍程度だ。
レコードでは実働人数を正確につかめていないのと、全イベントがきれいに載っているわけではないつー点を考慮しても、5倍はちょっと嘘なんじゃないのか。

http://dm.takaratomy.co.jp/cls/creatorsletter07/

Vol.7を見るとわかるんだが、タカラトミーは平気でこういう無茶苦茶なグラフを書いてくるので、公式発表の統計グラフは信頼に値しないと俺は思っている。実数値であればともかく。
(公式サイトの改装で見づらくなったのですぐ対応を検討します、とかGP受付ほぼ終わってるけどランキングシステムはまだ検討中です、とか、本当にレビューしてるのか?と言う事例が散見される…明らかに公式は組織としての機能を果たしておらず、各担当者のワンマンプレーになっている。だからコンプライアンスでコケるんだよ…)