(´・ω・`)ポケカの連中からすると、おめーらチャンピオンいすぎじゃね?って感じらしい





WCSの順位確定・マッチングのルール

他の競技イベに興味ある人は読んだらいいんじゃないすかね。
マッチの3ゲーム目で決着つかないと引分とか言うヤバイルールに変更された後のやつ。

何がヤバいってこのゲーム、3ゲーム目で決着つくことはほぼねぇんだよな。案の定ドロー乱発してたが、さすがに今だとプレイヤーの方が慣れたんだろうか。

■海外戦
世界が相手だと情報戦つーのも気にするらしい。前は、HTMLになんか仕込んで自動翻訳を無効化しましょうつー話もあった。さすがに変な声出たよ。 

WCSインドネシアポケカ全国大会(代表決定戦)

カードゲームが流行ってるのは基本的にアメリカと日本だそうな。
上にある通り、金持ちしかゲームできない国もあるしな。
WCS文書の記載を見ると南アフリカの名前も挙がってるが…大会やってるんだろうか。

あと、世界戦だと交通費どうなってんの?って思うよね。どうも交通費ががっつり出るのは日本ぐらいで、他の国はあんまりでないんだと。優勝者しか出ない、みたいな。
でも2位以下の選手にも権利はもらえる。だからみんな自腹で来るんだってさ。

情報サイトも海外はすごい。

http://www.60cards.net/

これとかなー。米田さんが翻訳者経由で寄稿してたこともあった。あの手の昔話も好きだったよ。

WCSの歴代チャンピオン(History of World Champion Ships) TCG編

これとかもねー。ちゃんと過去の記録残ってるのが偉いよね。なんでもそうだけど、競技の価値=歴史、だからねぇ。そこを切り捨てたら終わり。


■海外遠征
世界へ出るとなると、現地文化にも気を使う必要がある。ピンクのシャツを着るとゲイアピールになるとかな。
ひどいときになるとレギュも違っている。国内では絵違い再録は旧カードも使用可能だけど、世界だとダメ。みたいなね。
裁定が違うこともある。でも必ずしも海外基準になるわけじゃなくて、ハンサムの時は国内基準になってたはず。外人が崩れ落ちてたよ。

日本代表の枠は少ないので、直前予選(LCQ)へ遠征して出る日本人もいる。30万ぐらいかかるらしい。

・アメリカ12、ヨーロッパ32、日本2、韓国1

枠の割り当てってこんなんだもんな。これが2013かなんか。日本の人口どんだけ少ないねん。
まあただ、その分というかなんというか、競技規定は海外の方が厳しい。酔って大会に出て無期限サスペンド食らった王者とかいたもんなぁ。
日本だとまずサスペンドって概念がないもんね。俺はクソ野郎なんか全員弾いていいと思ってるけど。

やっぱ金にならんのがいかんのだろうけど、なんで金にならんのだろうな。慢心、環境の違い?
個人的にはプレイ層がいうほど金持ってないのと、評価する側の問題かなーと思っている。

後はあれだなー、ゲームが構築寄りになっちゃったのがな。遊戯とかポケカとかマジックとか、プレイ要素が結果に影響するゲームなんだよね。世界があるやつって。
昔はDMもそうだったんだけど、アニメ売りに方針変えてから構築ゲーに寄せられちゃったもんなぁ。その日何を選んだか、とその日何に当たったか、が大事。

またエアプかよ!と言われそうだし実際エアプだけど、ただ入賞データに関しては誰よりも俺が一番見てるだろうし、そうしたいわゆる観客の観点から言うと、プレイング要素はあんまないと思うよ。だから見たこともないデッキを見せられる興奮はあっても、わけのわからんビッグプレイで勝つ興奮みたいなのは久しくねぇ。
多分、公式のカバレージ見てあんま面白いって思えないのもそこなんだろうな。と、自分で書いて思った。