(´・ω・`)Bannings STD: Emrakul, the Promised End, Smuggler's Copter, Reflector Mage



 

■経緯
2017年1月9日 禁止制限告知

要するに、スタンで3枚禁止出すし今後も年に8回ぐらい改訂するわ~つー話。無論必ずスタンに禁止が出るってわけじゃない。世の中にはいろんなフォーマットがある。

んで、これに関する解説を、高橋”ラッシュ”純也が書いている。

スタンダードに禁止改定は必要なのか

上の2つは読んでおいてほしい。
(何様だてめー!と思うかもしれんが、そういうスタンスの文章なのであんまり気にしないでくれ)
 

■反応
・禁止カードの内容は妥当だけどスタンに禁止が出るのはクソ
・スタンのトップデッキのカードは買えなくなるな
・どうせPT後の改訂で解除されるんじゃね?
・次のセットで対策カード出すって言いながら禁止するやつは何なの?
・そんなことはいいから稲妻とカンスペを再録しろ
・次のパック売るために前のパックのカード禁止って遊戯王よりすごいじゃん
・PTが面白くなりそうだしまあね
・開発の能力足りてなくね?
・中隊はOKで今のはダメなの?あとギデオンは?
・ヘリ禁止で人が減りそうだな、ヘリだけに
・社長をマロー室に呼び出せ
(参考)スタンダードの禁止に関する声明


■実際どうなの
WotCの開発手法が現代に通用しなくなっている、ということかな。
DMでも暴龍警報が268日、デスゴロスは363日と実は1年未満しか使えないまま殿堂入りしたカードが2年連続で出ている。

んでも、年に8回改訂しますっつーのはやべーよなぁ。遊戯王が年2から年4にしたときも、新パックと新デッキと新制限で環境が変わりまくって追いつけねぇって言われてたけど。
DMで売る→制限→新しいの売る、つー流れのノウハウを蓄積したので、スタンのテコ入れとしてそれを端すかーっつー感じなのかな。

実際スタン、やばいらしいね。e-sportsバブル?がはじけたか知らんが人減ってて、ショーダウンとかいうログインボーナス配ってる。スタン民から吸い上げた金をエターナル民に配るのがWotCのビジネスモデルなので、スタン減るとやばいんだよなー。

社長変わってから露骨に強いカード(欠色の全体3点?とか騒がれてたよね)刷るようになったし、売り上げへのプレッシャーがなんかあんだろうね。MtGはe-sportsです!!!!って親会社が言い張ってるらしいし。

Wizards がデジタルチームへの投資増を公表

そのせいか知らんけどMOにも一応金は出してくれる模様。発表を読む限りだと、「ブリザードがWoW版権を他ゲーに拡張しただけで儲けててずるいから俺もやるわ」って読めるけどね。

あと店舗とオンラインの相互作用って言うのが書いてあるね。PWP以上になんかあるかな(訪問した州とか見れるようにすんのか)と思うけど、まあなんかあるんだろう。
DMでもなんかでかいのが来るかもね、WotCがどの程度DMに関わってるかわからんけど。


スポンサードリンク