(´・ω・`) WotCがこの方針を堅持するならね





昨日の。

MtGがe-sportsになるべくプラチナ褒章を引き下げへ
私たちはこのプログラムがその目的を果たせていないと判断し、参加褒賞の減額に踏み切りました。

昔の。

サイゲームス、ブリザードと拳で語り合うことを発表
アナログゲーは正念場ですよ、来年は。景気がいいのも今年度いっぱいだし、ここで勝てなかったら死にうる。遊戯王ですら一時期死にかかってたわけだし、ビッグタイトルだからと言って生き延びられる保証はない。
 

らんらんがそういうことを書いていた時期もあったわけです。
本当に年度が替わった瞬間正念場が訪れて変な声が出ました。

■なんでこうなったんだよ
原因は、HSモデルの成功かなーと。アレ、プロクラブないけどプロチーム勝手にでき始めたじゃないですか。e-sports後進国と言われて久しいこの国でもDetonatioNがHSのプロチームを結成しています。LoLに至っては去年あたりに月給制のプロチーム出来たんですっけ。

LoLはそのあとチートの扱いを巡って大炎上したりRMT業者兼LoLプロのスポンサー企業が退場喰らったりして大変でしたが、まあともかく公式がプロクラブ作らんでもみんなが勝手にプロになるというのは既に明らかだったわけです。

他にもチャネルがチーム組んでトスしてたりとかありましたね。この手の大会って、参加者の8-9割を同じチームの人間で締めれば実質八百長できるんであの手のやり方されると普通にゲームごと死ぬんですよね。
4000人来る大会でそんなことできるのかって?世界選手権は24人しか来れないでしょ。それが何を意味するかっつー話ですわな。プロチームがあまり大きくなるとガチで運営に支障が出るっつー話が無きにしも非ずと言うあれです。

メタゲームの回転率の話はあんま関係ない気がしますけどね。じゃあスタンだけにすればいいじゃんモダン辞めようよ、っていうそんだけの話。ルールを変えればいい。
羽生も言ってましたよね、コンピュータのが強くなったら香車を斜めに進めるようにすればいいんだよ見たいな。ちゃぶ台返しすれば強さはかなりリセットされます。バンダイお得意のアレ。



■プロクラブ消滅か
3-5年以内に全廃と踏んでいます。 

思い出されるのがプロポイントをごちゃごちゃいじりまくってたこと。

プロツアー・ポイント
※同一トーナメント年度期間、グランプリから獲得したポイントは上位6戦分のみ加算し、それ以外のポイントは、生涯プロツアー・ポイントのみに加算する。ただし世界選手権グランプリ枠の決定は、同一トーナメント年度のすべてのグランプリを考慮する。

こんな謎制限がつけられてサーキットしづらくなりましたね。このころからすでにプロプレイヤーを絞るというのは既定路線だった可能性があります。
しかしそんなことしたくねぇよと思うのが元プレイヤーだったWotC開発陣でしょう。すると、改革派と保守派の争いがあったんじゃねぇかという話も出てきます。

コジレックリーク事件、なお収まらずジャッジコミュニティ全般へ延焼
WotC、本物かどうかよくわからないエタマスリークを食らう
近年ハズブロからのプレッシャーが強くなってるくさいのと関係あるんでしょうか。


この事件はそれが表面化したものだったんじゃないかとも考えられるわけですね。なぜこのタイミングで誰も得しない大規模リークが始まったのか。なぜ急にジャッジコミュニティにBANの嵐が吹き荒れたのか。
そして進まぬ改革に業を煮やした親会社が社長をチェンジしたのが今年の4月だったんじゃねぇのと言う話にもなるわけです。今月だな。


■プラチナが滅んだらどうすんだよ
これに関しては別にどうもなんないと思いますよ。プロが全員いなくなったら休みを取りやすい種類のリーマンと学生であふれるだけでしょ。だって賞金は上げる方向らしいし、単体イベの方も今後上がるでしょ。海外は行かないけど国内はサーキットするタイプの人類が増えるんじゃない?

だってねぇ、プロがいなくなったとしても別に友達が出てたら応援するでしょ。知ってる人とかさ。
GP京都の時なんか、あの時まだプロじゃなかったJ氏の対戦を見るためだけにニコ生つけたやついっぱいいたでしょ。別にプロだから見てるわけじゃないんすよ。知ってる人が出てるから見てるんすよ。

■プロを滅ぼしていいと思ってるのか
企業がちゃんと抱えろって言うメッセージを出してるだけで別にプロ自体は否定してないんですよね。プラチナとかそういうのがなくなるだけで。
んまぁNPBが球団持ってるような現状もちょっとどうかとは思うのでいいんじゃないすかね。そこに関しては。

どっちかというとプロの側もちとアレなんじゃね的な話が無きにしも非ず。
PT行くだけで33万つーことは旅費こみで37とか?それだけの費用対効果が果たしてあったのかと言うとこですよね。なきゃそらスポンサー契約はなくなるでしょ。
特にいかんと思うのがキブラー頼みなとこ。事あるごとに突っかかるマン、キブラーは日頃から自分のメディア作りに余念がなくて、最終的に自分でゲームデザイナーになって宣伝してましたからね。
そういう努力してる人間に乗っかるだけって言うスタンスだと足元掬われることもあるんちゃうかな。せめてプロ同士の組合的なアレでも作ってればもうちょっと…ことが起こってからネゴに行っちゃ状況は変わらんのじゃないかな。

■そして我々
いやー、我々もこれどうなるかわからんですね。
俺は淡々とこれからもプレイヤー拾ってくけどどうなるかね。 
スポンサードリンク