(´・ω・`)豚もおだてりゃ車を買う

 


そういうわけで買った。豚なので日本円の持ち合わせがない。代わりに遺跡に生えていた野生の茄子で許してもらった。

いかんせん遺跡とか言う人里離れた辺鄙なところに住んでいるので、足がないと困る。しばらくは乗るのだからと思い切り、新車にした。
契約したのは2月末。決算月が近いし装備を値引いてくれるだろうという下心があってのことである。

先輩方はBMWやハリアーを乗り回している職場だが、豚は豚らしくつつましいカローラにした。それでもちょっとだけ見栄を張って人生初のハイブリッド車を購入。
試乗させてもらった時も思ったが、恐ろしく静かだ。夜中に後ろから近づいて来たら気づかずに撥ねられて死ぬと思う。そんな俺の顔を見たディーラーが、あまりに静かなもんで音を出す機能がついているんですよとしたり顔で開解説した。

試乗が終われば契約である。どうしようかなぁと迷った顔をしていると向こうも心得たもので、ナビがタダになった。そうなれば一番いいやつをつけるのが人情である。するとドライブレコーダーとバックモニターもついてきた。最近は何でもタダだな。

他につけてもらったのはシートヒーター。読んで字のごとし。ケツが温まる。デッキがなくならない。カードゲーマー御用達だ。
SW ONからものの数秒でケツが温まるためあったまるという単語が良くなじむ。我が家のこたつより早い。 
実際のところ、HVはモーターの関係上車が温まりづらい。元々車の温風はエンジンの廃熱を利用したものなので、HVは恩恵を受けづらいのだ。EVにもなるともう最悪である。
昨今はシートのみならずステアリングヒーターもあると聞くが、果たして必要なのかしら。

なんだかんだとつけてもらった後、更にディーラーで撥水フィルムを張ってもらった。サイドミラーも撥水加工である。
その車をありがたく受け取ったのがつい先日のこと。これまで乗り回していたのが10年前の鉄塊であったがゆえに、ドアノブに触れた瞬間鍵が開いただけで仰天した。最早リモコンのボタンを押す必要もなく、ただリモコンをポケットに入れて触るだけでいいらしい。俺が遺跡で修業している間に世界は進んでいる。

更にさらに、ディーラーが前の車と比べてこの車は2倍も燃費がいいとかのたまい始めてひっくり返りそうになった。言われてみればハイブリッドが登場したあたりで燃費は劇的に進化を遂げているが、まさかそれほどとは…これまで2倍の金をガソリンスタンドに払っていたことになる。

一通りの説明を受けた後、ディーラーの笑顔とともに俺は送り出された。機能が多すぎてさっぱりわからん。
ふと左下を見ると、さっそく画面に点数が表示された。俺の運転のエコ度合いを評価しているらしい。幾度か試したが、89点が最高だった。あのゲームで90を超える奴は田舎の農道を走るジジババだと思う。

しかしショックだったことが1点。車の価格、MtGのヴィンテージデッキの値段より普通に高かった。
カードゲームってやっすい趣味なんだなぁ。そらGPの参加費をあげて客を選別とか言う話にもなるわな。
ちなみに休みの日にゴルフ場へ行くと入るだけで普通に15000ぐらい持っていかれるらしいので、ぶっちゃけ10000でも安いと思う。 
スポンサードリンク