(´・ω・`)ボーダーフリー


■BFって?
アニメでクロウが使ったテーマデッキ。闇属性鳥獣族のBFモンスターで戦う。
登場時はインチキじみた強さだったはずなのだが、イロンデと猫剣とかいうそれの上を行くインチキデッキがいたため総じてメタる側だった。弾圧メインに入れてたからねこいつら。
いやまあ、メインに弾圧入れた猫とか言うキチガイじみたデッキもあったけどさ。

■強み
・ゴッドバードアタック
鳥獣であるためゴドバを採用できる。ゴドバ、パッと見は2:2交換に見えるがサクリファイスエスケープにより2:3交換が可能だった。奈落にチェーンして撃たれたらたまったもんじゃない。
しかし必ず対象を2枚取る必要があったため、モンなし1伏せエンド、みたいなこともちょいちょいあったような気がする。途中でスターライトロードとか言うインチキカードが登場したため万能除去ではなくなったが、それでも強かった。剣闘にも入ってたからねこれ。

・闇の誘惑
闇属性なので誘惑もうてる。アリュールオブダークネス。
米版はSEに収録されたので手に入れやすかった。大体ヴァーユ除外してたよねこれ。

・黒い旋風
インチキサーチカード。 シロッコ→ブラスト集約アタックとかシュラカルートとか。
永続を貼る関係上、このデッキではスタロを採用しやすかった。

■モンスター
・シロッコ
2000の実質4レベ、場のBFのATKを吸うテキストまである。
ミラーだと相手のBFのATKも吸えるので超強い。

・シュラ
BF最強生物のように見える生物。戦闘破壊時に山からBFをリクルするテキストを持ち、大体ヴァーユを出してシンクロカタストルorゴドバの流れ。

・ブラスト
本人は言うほど強くないが、ブリザードのss対象だったり旋風のかねあいだったりシロッコを強くできたりするので結局入っている。
アシスト。

・カルート
オネストの親類。ダガーガイとは親類ではない。
1400上がるが、先に投げても大体オネストには勝てないのでつらい。

・ブリザード
打っては御用製造機、守っても御用製造機。
かなりインチキな生物だったが、規制されずに終わった。まあシュラも大概インチキだしこのころのインフレとしては妥当かもしれない。

・ゲイル
ATK半減とかいう計算しにくいめんどくさいやつ。あまりにも強すぎていろんなデッキに入っていた。
剣闘ではエクイテと一緒にゴドバの弾になっていた。

・ヴァーユ
シンクロ出来ないと書いてあるチューナーだったはずなのだが、大体効果を無効にしてssする効果でssされるため結局シンクロする。

・ブリザード
微妙に使われたような気がしないでもない。効果に見るべきところがないのでつらかった。

・アームズウイング
6レベシンクロ。ブリザードから出せるがあんまり出さない。大体ヴァーユから出てくる。

・アーマードウイング
7レベシンクロ。当時は戦闘破壊されないって言うテキストは強かったんだよー。

・シルバーウインド
8レベシンクロ。めったに出ないうえにヴァーユからしかどうせ出てこないので、テキストの記憶がない。マジで一度も正規召喚したことがない。こいつテキストなんだっけ。

■当時の戦歴
旋風3枚誘惑2枚時代が確かあったのかな?という恵まれた超生命体だったが、いかんせん環境にインフェルがいたりイロンデがいたりしたので華々しい活躍はなかった。
プレイがうまい人向けの強いメタビぐらいの感じだったように思う。サイドからカイクウ弾圧とかゴドバを共有できるクロウとか入ったしね。

個人的には安定しつつシロッコでの突然死が狙えるデッキだったように思う。カルートがあったためモンスターが生き残りやすかった。反面、当時3枚つかえた奈落は旋風の効果を潰せるため苦手で、後攻が少々苦しかった。かな。

動かせる枠がほとんどないデッキだったけど、ミラーはプレイングゲーになりやすかったのでそういうのが好きな人は喜んでいた。今でも老人ホーム発祥の旋風ミラーゲーとかあるよね。

スポンサードリンク