(´・ω・`)ポール・ブリックヒルではないです

 
・あらすじ
収監された刑務所から脱獄することにより、その刑務所のセキュリティ体制の不備を指摘するコンサルタント、ブレスリン。そんな彼はCIAから秘密収容所の調査の依頼を受けるが、そこは彼自身の指摘をもとに作られた収容所だった。そして彼はその”墓場”に身分をはく奪されて収監されてしまう。
だが彼はあきらめず、早々に隔離房から脱出。しかし、そこは洋上の大型船だった!
謎の男・ロットマイヤーの協力を得て、ブレスリンは不可能な脱獄に挑む。

・感想
シュワちゃんとスタローンの競演ということで、頼むから20年前にやってくれよみたいなところはあるんですが、そんな感じの映画でした。
この二人なのに脱獄なのはいかがなものかという感じなのですが、まあドンパチはエクスペンダブルズでやっていただければいいでしょう。しかしシュワちゃん老けましたね。毎回言ってますけど。スタローンと比べるとかなり老けてると思う。政治家やってたせいかなぁ。

・墓場
CIAの秘密収容所といやぁそらもうグアンタナモです。
マジでやばいと有名なアレ。
ただ今回は民間運営だったので、洋上なんでしょうね。実際シャレならんらしいですねー。


・リアリティ
おめーそれ看守に聞こえてねーみたいな感じのアレもちょくちょくあったり、終盤の銃撃戦(どう考えても主演が主演だからのシーン)なんかはややご都合感もありましたけど、まあ面白かったです。
PMCであるがゆえに利己心にかられてブレスリンのはったりを真に受けちゃう所長とかねー。

まあ見ても見なくても死にはしない映画。