(´・ω・`)らんらんが企画をぶち上げてから数日が過ぎた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか


 
僕の思想の根本にはMtGがあるので、その現状をざっくりとお話しします。

MtGのランキング・・・世に言うプロプレイヤーズクラブですが、今年も変更がありました。
詳細はググっていただくとして、まあ全体としては根本的な変更はないのでいいんですが、ご理解いただきたいのは制度自体の設計思想です。
アーロン・フォーサイスは「肥大化したPTに参加するには今まで以上に努力が必要」 と述べています。はえー話がいっぱい大会出ろよってことです。
遠征の際にも触れましたが、結局たくさん出たやつが有利なんです。そりゃ当たり前です。
ゲームに対してより多くの時間を使えばその分ゲームから見返りが来る。

カード資産に置き換えて考えると、受け入れやすいでしょう。覇を買う金がないからCSは不公平・・・そんなこと言わないでしょ? 不公平とかではなく、そういう設計思想のゲームなんですよ、これは。
だからより多くのポイントを稼ぐためには都心部まで行かざるを得ないのもしゃーないっす。PWPシステムなんてまさに一極集中させるためのシステムですからね。
全ての成績をポイントという共通概念に置き換えれば、そうなります。地方の人が地方のイベントで勝って、ポイントを貰っておっと思って、そしてより大きな大会・・・都心部を目指す。そういうシステムです。最後には必ず極ができる。

んで、極ができるからこそ我々の最終目的に合致してるわけなんすよ。ピラミッドを作らんことにはアレ成り立たないですから。 
スポンサードリンク