(´・ω・`)本能寺の変って西暦何年に起きたか知ってますか、あとその時の信長の年齢も。


 
知らんよね。俺も知らん。今ググったら1582年、48歳ぐらいらしい。ぐらいっていうのは、昔は数え年だったかどうだったかしらというのがようわからなんだ。

まあそれはいいとして、 本能寺の変って何?と聞かれて答えられない人間はそうそういないよね。
なんだけど、年号とかは答えられない。俺だけ・・・?いやいや。

すっとものを覚えようとすると物語は必要だと思うよ。やはり。 物語に絡んでない数字とか、ちっとも覚えられないし。
何の話かっていうといつも通りCSの優勝者のこと全然覚えてないよねって話なんすけどね。
後から「1位 ○○」 みたいなん聞かされてもアッハイ以外にコメントがない。1582年、本能寺の変とか言われても覚えられんし、ぐらいのあれ。

 対処としては2通りあって、一つはもちろん物語性を付与すること。
例えば俺は全然将棋やらんけど、羽生善治がすげーってのは知ってる。物語性っていうのは共通言語なので、ゲーム外の連中にも理解できるし共感を呼べる。スポーツとかもみんなそうだよね。

もう一つは、ひたすらにデータを見せること。
エレメンタル・トラップのテキストとか俺がおぼえてるのは手元に持っててよく視界に入ったからだと思う。ひたすらに見続ければ覚えるし、覚えれば興味もわく。

ぐらいっすかね。
※個人の感想です(健康食品の宣伝感) 
スポンサードリンク