(´・ω・`)偉い奴



 
マスターきうるん側の界隈で、数字を追い求めるのは物が作れないからじゃないかみたいな話があって、なるほどそうかもしれんと得心いたしました。
ここで出されていたのはふぁぼやRTといった数字なんですが、いわゆる実績というのもそうなのかもなぁと。
彼らもよく権威って言いますしね。

 俺とかその他もろもろが権威という単語にいまいちピンと来ないのは、我々が理系で、いわゆるものづくりができる側の人間だからかもしれないですね。

まあそれはいいんですけど、ちょっと困るのは運営側ですよね。
なんせ優勝者に権威を発生させようと思うと、優勝者に権威を授与する運営側にはより高次の権威がなければなりません。
世の中そういうもんです。同列の存在である友達に認められたところでお山の大将がせいぜいです。自分より上の存在が必要なわけです。

 さて、厄介なことに権威にはミスが許されません。
たとえば去年の公式大会で、墓地ソースを使ったプレイヤーが決勝で余分にハンドを切って有利になるという事態がありました。ああいうことがあると、優勝者を権威と認めることが難しくなるわけです。
所定のルールに従って課題をすべてクリアした人間が優勝者という権威になるので当然ミスがあってはなりませんし、 優勝者より高次の存在である運営も当然ミスが許されなくなります。

 メインの層が高校生大学生だからしゃーないんでしょうけどね。こういうの。
まあやっぱり綾瀬杯のようにはいかんですよ。 結局は殺し合いなのでしゃーなし。
僕は参加者に頼ると死ぬって教わったタイプなので、あっちのほうは違和感ありますが。まあそのへんは参加者がやりたいようにやらせるべきだと思うのでまあ・・。

それで思い出したけど、参加者が文句言ってないんだからいいってあれ字面はきれいですけど言ってること最悪ですよね。参加者が金返せって言ってるんだから返せよっていう理屈と中身一緒ですもんね。
外の連中にも口出させるように抜け道組んどかないとこの先はしんどいだろうなーと思いました。