一部ではクリムゾンを超越したと言われており、話はVG界隈まで波及するなどそれなりに大きい騒ぎになっております。
1.概要

状況といたしましては以下の引用のような感じです。






当日集まったのは20チームともう少し程度であり、前後の状況から30チーム分が運営によって作り出された架空の存在である可能性が浮上、かつ参加人数が少なかったため賞品変更と併せて運営がチーム戦→個人戦への変更を試みるもチーム戦に参加する気満々の参加者に粉砕されたという流れです。
そしてレギュレーション変更のやり取りの中で運営が「交通費を返却する」という提案をしてしまったのが発端となり、最終的には40-50万程度の赤字を出しながら県外の方全員に交通費を支払うという形で決着しました。残金の問題で、県内の参加者には後日支払われるということだそうです。

また架空チームに関しましては、「キャンセルチームはどこなんですか?」「HNとチーム名は個人情報なのでお答えできません」(大意)というやり取りがあり、そこから人を集めるために架空チームを作って盛り上がっている感を演出したのではという話になっております。主催のかみなりちゅうさんがツイッターアカウント・CSブログを消してしまわれたので、詳細な状況は当人にしかわからないという状態です。


2.交通費返還

関心がもたれるのはなんだって交通費なんか返還したんだという部分ですが、大元の原因としては運営が支払うと言ってしまったことのようです。
ただやはりそれだけではなく、当然ながらその後の参加者からの突き上げも関係しています。交通費返還後に会場外で右手にピース左手に万札(返還された交通費)で写真を撮っていた参加者がいらっしゃったというあたりから、なんとなーく察することができるでしょう。

勿論往復1万もかけてチーム戦イベントに来てみたら突然個人戦に変更なんてことをされれば、殺意の波動に目覚めるのもわからないでもないですが・・。
まあその、ゲーム機で人を集めようとするんであればゲーム機が賞品だという理由だけで参加する方のことを頭に入れておかなければならんのでしょう。ハイ。

ただ少し前に、当初観戦不可ということであったにもかかわらず女性プレイヤーが観戦したいとい述べた途端運営が手のひらを反して観戦できるかどうか検討するなどという謎のイベントが発生していたので、そのへんもなんか関係してるのかもわからないですね。ブシ系のイベへの不満とかもそうなんですが、こんな形で不満が爆発するときって他の部分で積もった不満が一緒に噴出しているケースもあるので。
悪いイメージ持たれてると良くないってことですな。


3.今後への影響

DM関東CSごと会場をつぶしてくれやがったクリムゾンよりはさすがに低レベルだと思いますが、今後めんどくさそうなのはこの交通費の返還という対応です。

そもそもCSが何で揃いも揃ってゲーム機を出しているかといえば、もう「CSはゲーム機が出てくるもの」というフォーマットとしてとらえられているからです。
界隈の外から見ると「誰でも参加できるし地方でやってるのにチャンピオンシップ?w(ポケカ勢談)」というような感じになってなかなか理解しがたいと思うのですが、CSという名前には共通フォーマットであることを示す以外の意味が特にないので、その辺を汲み取っていただければと思います。CSって言えば参加者も何となく理解してくれるしあれなんすよね。

で返還の影響なんですが、今回のCSでこういう対応があって大きな話になったということで、参加者側がCSというフォーマットに対する理解として「交通費の返還がありえる」というような認識を持ち始めるとあれですね。余所に波及しないことを祈ります。
しかし今回一番気の毒なのは手伝いに来てたボランティアスタッフですよね。返金しようにもお金が足りないということで運営にお金を貸したそうで、中には10万近く貸し付けている方もいらっしゃるそうです。

最後に、今回のケースを受けてツイッターでは「参加者はこの異常な流れを止めなかったの?」という疑問が散見されますが、JCSJDCレベルですら床にガムを吐き捨てていくタイプの参加者が存在する界隈なので・・もうそういうものなんだろうなとおもいます。


4.まとめ

原点としてはやはり運営あってこそ、参加者あってこそということで、実際のところきちんと話せばおおよその理解は得られるんでないかと思っています。どのイベントでも。大和CSなんかはきちんと経緯を書いてましたから、もう話に上がらんですよね。
今回に関してはやはりいきなりレギュレーションを変更しようとしつつも対応が二転三転したり、HNは個人情報と述べたりと主催者たちへの不信感が増幅されるようなことが多かったためにこういう結果を招いたのではないかなと感じます。

しかし当日トラブルを目の前にして冷静に対処できるかというと、やはりできないのが普通です。ですから、先に対処案を出しておくのが望ましいですよね。
というとそんな時間ねーよ、と言われそうなのでもう少し書きますが、できればこの手合いの事故というかなんというか、トラブル事例はどっかに書いて残しておくべきですよね。未経験の方の想像力なんて限界がありますし、検索すれば見つかるようなあたりに乗っけておくのが界隈の発展につながるんではないかと個人的に思います、
後発者のアドバンテージって、先行事例を研究できるという部分にあるわけですからね、ほんとは。
変なのが入ってくるのを防ぐという意味では勿論ノウハウの非公開という行動に利があるんで、そこらへんは難しいとこですけど。

そんな感じで群馬CSの話でした。